STM32 nucleo-L476RGでOLED表示

前回の続きです

STM32nucleoボードはArduino互換機能を持っているようです

なので動くか確認してみました。

手持ちのデバイスで手軽に動作確認が

出来るものを探したところ

ちょうど良いOLEDがあった。

これを利用してみようと思う。

このデバイスはI2C接続でVCC,GND,SDA,SCLの4本

を接続するだけで良いのでお手軽にテストできそうです。

ちなみにI2Cアドレスは0x3Cです。

Arduinoライブラリにはたくさんの種類があり

どれを使おうか迷うところですが

今回は「Adafruit_SSD1306」ライブラリを使います。

これはライブラリマネージャから簡単にインストール

できます。

で、サンプルの「ssd1306_128x64_i2c」を試してみました。

I2Cアドレスが0x3Dだったのを0x3Cに変更して書き込む。

動きました!!

I2Cアドレスのみ変更で簡単に動作します。

STM32nucleoはI2Cに関してはArduinoライブラリを

ほぼそのまま利用できそうです。

今後はいろいろとデバイスを接続して遊べそうだ。

STM32 nucleo-L476RGをArduinoで開発する

ちょっと前にESP32をArduinoIDEで開発を行い

Arduinoもちょっといいなと思い始めた。

Arduinoは持ってないがSTM32マイコン

を使用したArduinoピン互換の商品を購入してみた。

これ↓

STM32 Nucleo-L476RG
スペック
CPU:ARM Cortex-M4
FlashROM:1MB
SRAM:128KB

と、この手のボードにしてはゴージャス仕様です。

で、このボードでもArduinoIDE使えます。

以下のURLで詳しく書かれています。
https://github.com/stm32duino/Arduino_Core_STM32

簡単に書くと

ArduinoIDEを起動して

「ファイル」→「環境設定」にある

「追加のボードマネージャのURL:」に

「https://github.com/stm32duino/BoardManagerFiles/raw/master/STM32/package_stm_index.json」

を追加する。

その後

「ツール」→「ボード」→「ボードマネージャ」を開いて

検索フィルターの所に

「stm32 core」と入力すると出てきます。

これをインストールするだけで使えます。

ESP8266+18650ボード購入

ESP8266+18650+OLEDのボードを以前購入したのだが

I2CがOLEDで使用されていて外部端子に出ていなかった。

外部にセンサ等接続するには向かないため

今回はOLED無しを購入してみた。

購入したのはいつものここ

購入したのはこれ

構成はいたってシンプルで電源と充電回路とESP8266のみ

外部端子にはESP8266のほぼ全てが出力されているようだ。

裏は18650バッテリースペースとなっている。

これで温湿度センサを接続してやってみようと思う。

18650バッテリーでどれくらいの時間動作可能か?

この「18650バッテリー&充電器」だったら使えるかな?

Wio LTE 使ってみた。

WIO LTEの続きです。

細かな仕様や説明はここにあるので見てほしい。

早速温度計を取り付けてみた。

LTEアンテナはこんな感じ

アンテナは一本しか使っていない。(付属しているアンテナは2本)

WIO LTEのサンプルにDHT11(EasyWordMall DHT11 温度と湿度センサー デジタル出力)を使用してsoracom harvestで

続きを読む Wio LTE 使ってみた。

Wio LTE JP Version買ってみた

IoTではWiFi、Bluetooth、GSM、3G、LTE等様々な

通信デバイスで行われます。ホビー用途で最も多い

のはやはりWiFiでしょうか。これもESP8266のおかげ

です。ESP8266が出る前はXBee(XBee ZB(S2C) / PCBアンテナ型)等で遊んでいたのを思い出します。

今まではESP8266モジュールを使用してWiFiで

いろいろ通信を行ってきましたが。

今回LTEを使用しようと思い「WIO LTE」を購入してみた。

このボードはSTM32マイコンとLTEモジュールが搭載されていて

Arduinoの開発環境を使用して簡単にプログラミングできる。

LTEのSimはSORACOMを使ってお手軽通信する予定。

家の中であればWiFi電波があるためESP8266で

問題は無いですが、一歩家から出てしまうと通信

することが出来ない。

今回は、車の中で使用することを考えて

新しいデバイスを試してみることにした。

続きは後ほど・・・

ESP8266+18650 Battery+0.96 OLED続き

前回の「ESP8266+18650 Battery+0.96 OLED」には間違いがあったみたいです。

WEBの説明ではD1やD2とか書いてあったのですが

これはArduino向けの説明でESP8266のGPIO番号とは異なるようです。

なので調べた結果を備忘録として記録します。

となります。

ほとんど全てのPINを使用しているのがわかります。

それからI2Cで使用しているGPIO4、GPIO5が外部入出力用の

端子に無いのでセンサ等をどのように接続するか検討中です。

実質フリーで使用できるPINはGPIO2とGPIO15だけですね。