「STM32」カテゴリーアーカイブ

STM32 nucleo-L476RGでOLED表示

前回の続きです

STM32nucleoボードはArduino互換機能を持っているようです

なので動くか確認してみました。

手持ちのデバイスで手軽に動作確認が

出来るものを探したところ

ちょうど良いOLEDがあった。

これを利用してみようと思う。

このデバイスはI2C接続でVCC,GND,SDA,SCLの4本

を接続するだけで良いのでお手軽にテストできそうです。

ちなみにI2Cアドレスは0x3Cです。

Arduinoライブラリにはたくさんの種類があり

どれを使おうか迷うところですが

今回は「Adafruit_SSD1306」ライブラリを使います。

これはライブラリマネージャから簡単にインストール

できます。

で、サンプルの「ssd1306_128x64_i2c」を試してみました。

I2Cアドレスが0x3Dだったのを0x3Cに変更して書き込む。

動きました!!

I2Cアドレスのみ変更で簡単に動作します。

STM32nucleoはI2Cに関してはArduinoライブラリを

ほぼそのまま利用できそうです。

今後はいろいろとデバイスを接続して遊べそうだ。

STM32 nucleo-L476RGをArduinoで開発する

ちょっと前にESP32をArduinoIDEで開発を行い

Arduinoもちょっといいなと思い始めた。

Arduinoは持ってないがSTM32マイコン

を使用したArduinoピン互換の商品を購入してみた。

これ↓

STM32 Nucleo-L476RG
スペック
CPU:ARM Cortex-M4
FlashROM:1MB
SRAM:128KB

と、この手のボードにしてはゴージャス仕様です。

で、このボードでもArduinoIDE使えます。

以下のURLで詳しく書かれています。
https://github.com/stm32duino/Arduino_Core_STM32

簡単に書くと

ArduinoIDEを起動して

「ファイル」→「環境設定」にある

「追加のボードマネージャのURL:」に

「https://github.com/stm32duino/BoardManagerFiles/raw/master/STM32/package_stm_index.json」

を追加する。

その後

「ツール」→「ボード」→「ボードマネージャ」を開いて

検索フィルターの所に

「stm32 core」と入力すると出てきます。

これをインストールするだけで使えます。

Wio LTE 使ってみた。

WIO LTEの続きです。

細かな仕様や説明はここにあるので見てほしい。

早速温度計を取り付けてみた。

LTEアンテナはこんな感じ

アンテナは一本しか使っていない。(付属しているアンテナは2本)

WIO LTEのサンプルにDHT11(EasyWordMall DHT11 温度と湿度センサー デジタル出力)を使用してsoracom harvestで

続きを読む Wio LTE 使ってみた。

Wio LTE JP Version買ってみた

IoTではWiFi、Bluetooth、GSM、3G、LTE等様々な

通信デバイスで行われます。ホビー用途で最も多い

のはやはりWiFiでしょうか。これもESP8266のおかげ

です。ESP8266が出る前はXBee(XBee ZB(S2C) / PCBアンテナ型)等で遊んでいたのを思い出します。

今まではESP8266モジュールを使用してWiFiで

いろいろ通信を行ってきましたが。

今回LTEを使用しようと思い「WIO LTE」を購入してみた。

このボードはSTM32マイコンとLTEモジュールが搭載されていて

Arduinoの開発環境を使用して簡単にプログラミングできる。

LTEのSimはSORACOMを使ってお手軽通信する予定。

家の中であればWiFi電波があるためESP8266で

問題は無いですが、一歩家から出てしまうと通信

することが出来ない。

今回は、車の中で使用することを考えて

新しいデバイスを試してみることにした。

続きは後ほど・・・

STM32F1系小型マイコンボードで温度データを通信で送る

今のところの構成は
・STM32F1系マイコンボード
・温度センサ
nRF24L01無線モジュール
・有機ELディスプレイ

これを接続して温度データを無線で飛ばして有機ELディスプレイに表示してみた。
全体的な構成写真。
stm32_24l01

マイコンボードを二枚使用して
1枚目は温度センサとnRF24L01無線モジュール
2枚目はnRF24L01無線モジュールと有機ELディスプレイ
(本当は同じSTM32F1マイコンの中継用もある、これはnRF24L01のみ接続してあり、受信したデータを送信し直すだけのバケツリレー専用)

表示部だけ拡大写真
stm32_oled

最上部に「0.0.0]とあるのは親機。(ノードID=0.0.0)
単純計算で100台以上の通信ノードを追加できる仕様となっている。
下のブルーの表示部の「1.1.0」は温度センサのノードIDで
その後に続く数字が温度データを表している。
最下行が最新データを表している。

温度データはUSB側にも出力可能なように作ったので、後でPCを等でデータの保存も可能。

とりあえずは目標達成とする。

STM32F1系小型マイコンボードでSTM32CubeMX

購入したマイコンボード、早速CubeMXしてみた。
stm32mini-cubemx1

去年使った時にはSTM32F1系は設定さえも使い物にならなかったものが、今回使用してみるとなんとSTM32F1系も普通に使うことができました。
まめにバージョンアップしていたんですね。
で、クロックの設定もこんな感じです。
stm32mini-cubemx2
これでコードを吐き出させてTOPPERS/ASPと合体します。

今回のは前回のSTM32F4系とは違いSTBEEと同じですので修正が少なくて助かります。

STM32F1系小型マイコンボード買った

久しぶりにマイコンボード買った。

stm32mini

小型のSTM32F103マイコンで20PINのJTAGコネクタが付いているのはGOOD!
その他には、UART(TTL)、USB(スレーブ)、Flashメモリ等。
何よりも小型なのが良い。

なんとnRF24L01専用ポートもあるので接続してみた。

stm32mini-rf

ちょっと基板からはみ出るが問題なし。