ESP8266 ESP-09その後

ESP8266無線LANモジュールの中で最小面積である

ESP-09(ノーブランド品 シリアルポートWIFIトランシーバーモジュール ESP-09 ESP8266 [並行輸入品])の使用に挑戦してみた。

前回の続きでもある。

端子が全てチップ底面にあるためこれを使用できる

ようにする必要がある。

まずは2.54mmピッチに変換してユニバーサル基板で

使用できるようにする。

いろいろな方法があると思うが今回は2.54mmの

ピンヘッダを4辺側面に接着剤で固定して配線を行う。

ピンヘッダは今回「ピンヘッダ 1×20 20P <2個入><3co-051>」を使用した。

このピンヘッダを5pinづつ切り離して接着する。

CM150715-175241001

CM150715-175211001

CM150715-175301001

CM150715-175317001

その後それぞれのピンに配線を行う。

CM150716-182228001

これでユニバーサル基板にのせる準備が整った。

あとは「電源」と「ADT7310」をのせて配線を

行えば完了となる。

続きは後ほど・・・

ブレッドボード用5V、3.3V電源モジュールを探していたら激安品

を発見!!

これ↓

SODIAL(R) 3.3V 5V MB102 ブレッドボード電源モジュール

なんと149円!!