ESP8266開発用ボード

ESP8266の開発ボードを紹介します。

このボードは某サイトで購入したのですが

意外と良かったので紹介します。

まずは全体です。

20150720_1

上の方にMiniUSBがありPCと接続してATコマンド

やファームウェアの書き換えを行います。

USBの左側にACアダプタ用の電源入力があり

USBとACアダプタどちらからでも電源が供給

できるようになっています。

その下にディップスイッチがあり

GPIO0、GPIO2、GPIO15等の設定が可能です。

その他にGPIOにつながっているスイッチやLEDが

あり動作の確認にはGOODです。

中央にはPICマイコンぽいのがあるのですが

詳細は不明です。

中央PICマイコンの左右にあるピンヘッダが

ESP8266用のソケットです。ですがこの

ソケットに合うESP8266はありません。

なので変換基板が付属しています。

変換基板を取り付けた写真↓。

20150720_3

この基板を取り付けることでESP-01を取り付ける

ことができます。

ESP-01を取り付けた写真↓

20150720_2

それ以外のESP8266は変換基板両脇にあるヘッダピン

から取り出す。

ちなみにESP-09を取り付けた写真↓

20150720_4

その他開発ボード上にあるリレーやnRF24L01コネクタはPICマイコンに

接続されているため使用できません。