STM32F429ボードにSTemWin

昨日からLCD表示に挑戦しておりまして本日表示できました。

STemWinライブラリに関しては日本語での情報が少なくて困ります。

blog等でも使用例がほとんどなく(見つけられなかった・・・)STMicroのHPにも簡単なPDFがあるだけです。なのでSTM32Cube_FW_F4のサンプルを参考になんとか実装できた感じです。STMicroはSTemWinやHALのライブラリを無料で公開していただける素晴らしい企業ですがドキュメントが貧弱です。もう少し改善を希望します。

それでは画面キャプチャです。↓

20140914_162619

写真が暗いのでわかりにくいですが、テキストボックスやボタン等Windowsライクな表示が可能です。

パーツの配置や大きさ等はSTemWinライブラリ付属のGUIBuilder.exeを使用することでWindows上マウスを使用して簡単に行えます。配置が出来上がったらファイルに書き出すことでそのままコンパイル&リンクで表示できます。

無料のSTemWinライブラリでここまでできてしまうSTMicroさん太っ腹です。

ただ残念なのはまだタッチパネルが動いていないことでしょうか・・・。STemWinからどうやって認識させるか調査中。