Wio LTE 使ってみた。

WIO LTEの続きです。

細かな仕様や説明はここにあるので見てほしい。

早速温度計を取り付けてみた。

LTEアンテナはこんな感じ

アンテナは一本しか使っていない。(付属しているアンテナは2本)

WIO LTEのサンプルにDHT11(EasyWordMall DHT11 温度と湿度センサー デジタル出力)を使用してsoracom harvestで

データ収集するサンプルが付属しているので今回は手っ取り早く

手持ちのDHT11を使用した。

このDHT11は余っていたWemosの物。

温度の分解能が1℃、湿度の分解能が1%のもので

ちょっと精度が荒い為あまり使用していない。

これをGroveコネクタ

で接続してサンプルを読み込んで

コンパイルして完了。

実行する前にsoracom側の設定もお忘れなく。

soracom harvestの設定をONする。

実行してsoracomコンソールからデータを見ると

こんな感じになる。

なかなかいい感じ。

残る課題は電力使用量。

ざっくり計測してみたがLTEモジュールをスリープ状態

にしても全体で50mA~70mA程度消費している。

電池駆動を目指すにはまだまだ多い。