STM32F1系小型マイコンボードで温度データを通信で送る

今のところの構成は
・STM32F1系マイコンボード
・温度センサ
nRF24L01無線モジュール
・有機ELディスプレイ

これを接続して温度データを無線で飛ばして有機ELディスプレイに表示してみた。
全体的な構成写真。
stm32_24l01

マイコンボードを二枚使用して
1枚目は温度センサとnRF24L01無線モジュール
2枚目はnRF24L01無線モジュールと有機ELディスプレイ
(本当は同じSTM32F1マイコンの中継用もある、これはnRF24L01のみ接続してあり、受信したデータを送信し直すだけのバケツリレー専用)

表示部だけ拡大写真
stm32_oled

最上部に「0.0.0]とあるのは親機。(ノードID=0.0.0)
単純計算で100台以上の通信ノードを追加できる仕様となっている。
下のブルーの表示部の「1.1.0」は温度センサのノードIDで
その後に続く数字が温度データを表している。
最下行が最新データを表している。

温度データはUSB側にも出力可能なように作ったので、後でPCを等でデータの保存も可能。

とりあえずは目標達成とする。