ESP-WROOM-02が値下がりはじめてる件

最近ESP8266系WiFiモジュールESP-WROOM-02がいろいろな

業者で扱うようになって価格が急に値下がりはじめました。

AmazonでもESP-WROOM-02単品「ESP8266EX搭載 WiFi-UARTモジュール(技適取得済み)ESP-WROOM-02」では700円を切っています。

続きを読む ESP-WROOM-02が値下がりはじめてる件

ESP8266 ESP-09その後

ESP8266無線LANモジュールの中で最小面積である

ESP-09(ノーブランド品 シリアルポートWIFIトランシーバーモジュール ESP-09 ESP8266 [並行輸入品])の使用に挑戦してみた。

前回の続きでもある。

端子が全てチップ底面にあるためこれを使用できる

ようにする必要がある。

まずは2.54mmピッチに変換してユニバーサル基板で

使用できるようにする。

いろいろな方法があると思うが今回は2.54mmの

ピンヘッダを4辺側面に接着剤で固定して配線を行う。

続きを読む ESP8266 ESP-09その後

ESP-WROOM-02とブレークアウトボード

ESP-WROOM-02単品では入手できていたがブレークアウトボードが

ないためどのように加工しようか悩んでいるところでした。

そんなときになんとマイクロテクニカさんから「ESP-WROOM-02とブレークアウトボード(未実装タイプ)
」が発売されました!!

続きを読む ESP-WROOM-02とブレークアウトボード

SainSmartの2チャンネルリレーモジュール買った

HEMSやECHONETLiteで家電をコントロールするには

リレーで100VをON/OFFする必要がある。

そこでESP8266で制御できるリレーを探してみた。

Amazonで良さそうなものがあったので早速購入。

それがこれ↓
サインスマート(SainSmart) 2チャンネル 5V リレーモジュール for Arduino DSP AVR PIC

CM150707-213556001

続きを読む SainSmartの2チャンネルリレーモジュール買った

ADT7310の温度データをESP8266で送信する(2)

前回の続きです。

約一ヶ月間暇を見つけて作業をおこなった。

(1)サーバーにデータを送信する。
thingspeak.comのサービスを使用させていただきました。
このサービスはhttpプロトコルを使用して簡単にデータの蓄積が可能。
蓄積したデータは下のようなグラフで表示可能。

thingspeak_1

続きを読む ADT7310の温度データをESP8266で送信する(2)